EVENT

SPECIAL GUEST : Sigala

2018/06/17

SPECIAL GUEST : Sigala

ピアノとEDMを組み合わせ、聴いてるだけで愉快で、楽しく、ハッピーになれる音楽、「Sigala」のプレイを見逃すな!
Sigala
Fatboy Slim「ファットボーイ・スリム」やProdigy「プロディジー」といったDJから影響を受け、17歳のときからプロデュース業を始める。
幼い頃からピアノを習っていたこともあり、今ではSigalaの代名詞と言っていいほどピアノを取り入れたEDMを作るのを得意としている。
「ピアノ」と「EDM」を融合させた音楽を作り出すようになり、Sigalaの活躍がみるみる上昇。
Jackson 5(ジャクソン 5)の名曲中の名曲“ABC”をサンプリング。
「自分のために自分の好きな音楽を作ろう」そう思って何気なく作成したのが、後にSigalaのデビューシングルとなりYoutubeでは1億再生以上を記録した「Easy Love」である。
それをきっかけに元々やっていたプロデュース業からEDMアーティストとして楽曲制作にシフトチェンジ。
イギリス出身シンガー、Bryn Christopher(ブライン・クロストファー)をフィーチャリングしたナンバー「Sweet Lovin’」やCraig David(クレイグ・デイヴィッド)とのコラボ・ナンバー「Ain’t Giving Up」、さらにJohn Newman(ジョン・ニューマン)とアメリカ出身のギタリスト、Nile Rodgers(ナイル・ロジャース)をフィーチャーしたナンバー「Give Me Your Love」でSigalaのピアノサウンドとアーティストの個性を最大限に引き出す。
Imani Williams(イマーニ・ウィリアムス)とイギリス出身のDJ Freshをフィーチャーしたナンバー「Say You Do」はリトルマーメイドばりのマリンチックなドラムンベースは、1995年にMariah Carey(マライア・キャリー)が出した“Always Be My Baby”と1972年にリリースされたLyn Collins(リン・コリンズ)の“Think (About It)”の一部をサンプリング。イギリスのシングルチャートで5位を記録。
すでにUltimate Music Experience(アルティメット・ミュージック・エクスペリエンス)やCreamfields(クリームフィールド), Tomorrowland(トゥモローランド)への出演も果たしており、今後ますます世界での活躍が期待されている。
Sigalaの作る楽曲は、聴いてるだけでハッピーになれるものが多く、DJ プロデューサーにはないユニークさ、繊細で綺麗な音のピアノがみごとに融合され、聞き心地がとても良いと評価を得ている。

REGULAR EVENT

SUNDAY

Every Sunday

EDGE

GENRE

TECHNO / TECH HOUSE / GROOVE HOUSE / BASS HOUSE

DJ

MIN-TECH / FM / DAIKI / TOMO / Mar-C- / GUSSAN

SUNDAY

Every Sunday

BEST SUNDAY NIGHT

GENRE

Top40

DJ

DJ *Groovy workshop.